Sep.16/2020
Post O’Alls 2021 S/S 展示会

 

今週の火曜日から、2021 S/Sの展示会が始まりました。

 

今回の 展示会概要になります。

 

2021 S/SのPost O’Allsは、前シーズンまでの流れをさらにフォーカスし、よりパワーアップされた内容となっています。ファブリケーションでは、日本の高温多湿な気候に適した合繊やブレンド系、表面に凹凸感のある涼しげなものを、より多めにラインナップしています。10年以上使用しているナイロンタフタ素材も、今回はリニューアルして新しい表情を見せています。コーディネートのスパイスとして重要な玉虫系の素材も、新色を加わえてパワーアップされています。モデルとしては、新型のカバーオール2型はここ最近のPost O’Allsのカバーオールの簡素化の傾向に終止符を打ち、シンプルさと実用性の両立を目指しています。また、2019 S/Sに久々に登場して好評を頂いたWALKABOUTがバージョンアップされ、よりアウターっぽい味付けでカムバックしました。シャツの新型であるNEUTRA 2(ニュートラ2)は、以前から模索していた“ドレスっぽいワークシャツ/ワークっぽいドレスシャツ”というコンセプトを押し進め、コーディネートに新風を投入しています。好評を頂いているカットソーのE-Zシリーズは、同シーズンの他のアイテムにも使用されているポリメッシュのシアサッカー素材を採用して、ミックス&マッチのボーダーを取り除いています。小物の新型として、ブランドデビュー時にリリースされていたバンダナが復刻されました。同生地を3連で使用したバンダナスカーフも新たに登場、ラインナップにビンテージPOSTな彩りを添えています。

 

皆さま、今回もよろしくお願い致します!(オオフチ)