Sep.30/2019
ブログ再開

ブログ再開しました。

昨年の7月に帰国して以来、あっという間に一年以上が経っていました。ニューヨークと違って東京は早いスピードで物事が進み、30年間のブランクがある身には何かと刺激の多い日々を送っています。

とりあえず日々のやることに追われて今まで来てしまいましたが、そんな中で8月24日に事務所兼初直営店をオープン、その後帰国してから3回目の展示会を終えることが出来、ここに来てなんとか一段落という感じになりました。

随分と前から帰国しよう・・・と考えていましたが、家庭の事情により急遽決定したのが去年の春でした。それからはなるべく早く帰れるよう仕事を片付けつつ、身の回りのものを整理・・・とは言え30年暮らした荷物は、結構な量・・・売れるものは売り、あげられるものはあげ、捨てるものは捨て・・・帰国寸前までそんな感じでした。

最終的な個人の引越し荷物は150箱、そして工場の倉庫からのPost O`Allsのデッドストックが大きな箱で100箱という、決して少なくはない物量を船便で送ることとなりました。

そんなこんなで慌ただしい感じで日本に戻った時は、帰国して少ししてから日本で19SSの展示会をやり、その後11月くらい迄には事務所も借りれるだろう、という予定でした。

しかし、事務所物件はなかなか見つからず・・・というのも、小売店として、さらにアメリカから送ったデッドストックを置く倉庫としても機能させたいと思っていたので、条件に合うような広い物件は、そうそう無いんですね。

初めは渋谷辺りで探していたのですが、住んでいる世田谷から街に足を伸ばすうちに感じたのは、今の渋谷などの東京西側の駅は人が多過ぎて、通勤客以外で目立つのは国内外の観光客ばかり・・・少しずつ、自分の中で毎日渋谷に通勤をする、ということがイメージし辛くなっていきました。

週末も、特に行きたい場所や用事が無い限り、気が付けば身体が向くのは街の方ではなく下り方面、もしくは南北に移動する感じ・・・そのうち、もしかすると私と同様に感じている人も結構多いのでは?と思う様になっていきました。

そんな時、現在お店兼事務所になっている物件を所有している旧い友人からのオファーを思い出しました。帰国当初から、良かったら借りない?という話があったものの・・・立地が微妙なので、真剣に考えてはいませんでした。場所は環状8号線沿いの甲州街道との交差点付近、電車の最寄り駅は京王線の芦花公園/八幡山にあり、道路に面して斜めに建っている1970年代前半に建てられた印象的なビルでした。

建物自体は私が中学生の頃から知っていて、その頃はアメリカのカジノゲームを置いたゲームセンターでした。地元が隣町だったので私もよく遊びに行っていましたが、当時の世田谷っぽいマンションの一階にあり、店内の薄暗いアンバーっぽい照明と相まって、“映画で見るラスベガスみたいだな〜”なんて思っていました。

そして気が付けばすでに新年を迎えていた事もあり、今年に入ってからこの物件でやってみよう、という気持ちになりました。(続く)