Mar.13/2020
My favorite Lighters (EURO)

個人的に好きな、ユーロ系のライター達です。

 

無銘 (生産国不明 )、1940年代。戦後すぐに作られたと思われるアルミ製。何故か左右にヤスリが付いています。宇宙船のようなデザインがかわいい。

JBELO Monopol (Germany)、1930~40年代。プレーンなデザインですが、とても確実な着火性能/フィーリングを持っています。

KW (Germany)、1930年代。この機構のデザインがカッコいい。

KW (Germany)、1930年代。ケースのラップがゴールド製。

COLIBRI  Sunbeam (England)、1940年代。COLIBRIのライセンスもので、縦長のケース。

ORLIK Matchless (England)、1940年代。どこかガサツな感じが気になるデザイン。

CAMLIGHTER (England)、1940~50年代。バネを使わない変わった機構。何気にストリームラインなデザインがいい感じです。

DUNHILL London Rollalite (England)、1940年代。デザイン的には、古今東西のライターの中でも最高レベルだと思います。

メカニズムのデザインもカッコいい。

THORENS Single Claw (Swiss)、1920年代。ニッケルシルバーの質感がいい。

THORENS Lucky (Swiss)、1940年代。小さいサイズでかわいいです。

DUNHILL  Rollagas (Swiss)、1950年代。ローラガスの素晴らしい使い心地と、脇役に徹したデザインは良い道具の見本だと思います。

NOVA (France)、1940年代。コンパクトなまとまり具合がいい感じ。

DUNHILL Salaam (France) 、1940年代。アルミ製で、黒ラッカー仕上げ。金製でワイドリブのデザインというバリエーションもあるみたいですが、気になります。

軍ものっぽい感じがカッコいいメカニズム。デザイナーの才能を感じますね。

(オオフチ)