Feb.11/2020
charcoal Bandana Hankie

Post O’Allsでは過去に色々なバンダナを出してきました。遡ると2000年前後くらいからあるのですが、2016FWのシーズンから生産背景を変えて、新たな仕切りでリリースしています。

 

最も直近のリリースは、昨年の秋。ここ最近に出したモデルの中からピックアップした4種類を、チャコールグレーというか墨黒で出してみました。下の写真の手前4枚になります。

写真ではちょっと分かり辛いですが…右がチャコールです。

グレー系の服の上に置くと、よく分かりますね。

最近リリースしているバンダナの特徴は、以前のものよりも小さいサイズ(45CM x 45CM)という点と、抜きの部分がナチュラルではなく晒しの白になっている点です。そのココロは…ジャケットの胸ポケットに挿した時に、ナチュラルよりも白の方がクリーンな顔映りに見えるのと、ハンカチ的な大きさの方がコンパクトで収まりが良い、というのが理由です。以前出していたものは、ビンテージでも戦前ものに多い大判で、染めもビンテージ同様の抜染だったので抜きの部分はナチュラルでした。大判だと頭に巻く時には都合が良いのですが、たたんだ際にかさばるというデメリットがあるんですね。晒し+捺染…といえば、手ぬぐい…というわけで、最近のものは手ぬぐい屋さんに生産をお願いしているんですね。

 

チャコールグレーにした理由は、ここ数年のPost O’Allsのアイテムは以前のブルー系/茶系というスキームから、ブルー系/グレー〜モノトーン系という感じに移行しているので、ダークブルーのバンダナだと違和感を感じる時があるからです。

墨黒、なかなか使いやすいですよ!(オオフチ)