Dec.23/2020
progress〜狭き門

 

ビンテージのワークウエアでも、長い期間、同じデザインで作られていたものには、時に仕様変更があったりします。

それは、生産性の都合だとか・・・

その時々の流行・・・

もしくは、何かの間違いだったり(笑)。

おもしろいのが、古ければ良い、というわけでもないところ。

もちろん、古い/珍しいという事を珍重したい気持ちはわかります。デニム生地に限っていえば、古いものの方が良い場合も多いですが・・・

だからといって、着て良いとは限らない・・・という点が、古着が骨董品などと違うところではないでしょうか。

物としてのオーラは凄くても、似合いづらい、とか・・・

この年代のディテールが好きだけど、生地はこっちの年代の方がいい、とか・・・

なんだかんだで、狭き門だったりします(笑)。(オオフチ)