Dec.27/2020
狭き門〜products

前回は、古着の狭き門について書かせていただきましたが・・・

ビンテージの呪縛が好きな人にとっては、全然オッケーなわけで・・・

むしろ、欠点をこだわりとして楽しめたりします。

私は、昔ながらの古着好きなので・・・

着て良いから正しい、ですね。

なので、フレンチ・チャイナはそのうちPost O’Allsバージョンを出してみたいと思っています(笑)!(オオフチ)