Oct.12/2021
POST 42 DV

 

今年の始めにデリバリーされて、気がつけばずっと手が伸び続けているのが、このPOST 42 DVのクリンクル・リネンのチャコール・・・10月に入っても、まだ着ています(笑)。

DV(=Post O’Allsで言う襟なし)系は、襟がない分春夏は首元が涼しい、というメリットもありますが・・・

やはり、私は脱力バージョン(=DV)的なムードに惹かれています・・・

なんとなく、襟付きのカバーオールが ”重い” と感じる気分の時にもハマり・・・

首元にスカーフなどを使ったりして印象をコントロールしやすいので、着こなしを型にはめたくないムードの時にも、有効・・・実は、かなりオールマイティなんですね・・・

うちが最初にDVのカバーオールを出したのは、確か2000年代後半?・・・モデルは、SWEETBEAR DVだったような気がします・・・最初の頃は、ツィードとかコーデュロイ、ナイロンタフタなどで展開して・・・その後、DVのバリエーションも増えたりして、キルティングなどでもよくやってましたよね・・・

それ以前に、ロイヤルトラベラーに袖を付けたような、ハンティングっぽい襟なしジャケットを作っていたと思いますが、詳細は覚えていません・・・サンプルにしては、多い数の在庫があったような気がしますが・・・

いずれにせよ、一番最初の襟なしジャケットは、ブランドのデビュー当初からあった、#1104という品番のショート丈のストーカージャケット(今の古着屋さんで言う、エンジニア・ジャケット)という、ワークジャケットでしょう・・・

あの手のジャケットは、古着やレプリカの世界では、ベストにそのまま袖を付けた感じのタイトフィットが普通ですが、うちではオーバーサイズに変更して、ユルい感じの着方を提案していました・・・

ま、何しろリラックスしたムードがポイントですよね・・・

襟なしって、どことなくアジアっぽい感じもあるし、無国籍なムードも出せますよね・・・

そんな振り幅を(勝手に)持たせられるところも、アメリカン・ワークウェアの奥深い?(笑)ところな気がしています・・・(オオフチ)