Nov.23/2021
HBT (Herring Bone Twill) Fatigue / Utility

ここしばらく、アメリカ軍のHBTのファティーグ/ユーティリティが気になっています・・・

若い頃は、マリーン、ネービー、アーミーなど、全てのHBTを一通り着ていましたが・・・

今手元にあるのは、このUSNの2ポケットのタイプが数枚・・・以前のブログでも書きましたが、これが、Post O`AllsのWALKABOUTのモチーフとなったタイプなんですね・・・ARMYものと違って、低くセットされた胸ポケットがいい感じなんですよね・・・

このモデル以外に好きだったHBT・・・USMC/USNの3ポケットのカバーオールタイプが4〜5枚・・・その他ダックハンターなど・・・は、帰国前にすべて処分してしまいました。

でも、私は基本的にカバーオール野郎なので(笑)・・・処分したUSMC/USNのカバーオールタイプのものがまた着たくなり・・・

最近、日本で手に入れてみました(笑)。

カバーオールタイプのHBTは、USMC/USNそれぞれ、今まで数えきれないくらい着てきましたが、本当にしっくりくるものは一枚もありませんでした・・・ミリタリーもので、このモデルくらい個体差のあるものは珍しくはないですが、パターン、デザイン、縫製仕様などの組み合わせのバリエーションが、無数にあるんですね・・・

でも、最近手に入れたこの一枚は・・・

バッチリ、なんです(笑)。

個人的にこのモデルが着たくなる理由は、ドロップショルダーの按配・・・この個体は、その辺りも特にいい感じなんです。

Post O`Allsでは、12月にHBTのファティーグ/ユーティリティのリミテッド・リリースがあるのですが・・・

このモデルは入っていません。

その代わり、スーパースペシャルな3ポケットのカバーオールが入っています。

でも・・・このモデルも、そのうちやってみたくなってきました(笑)!(オオフチ)