Dec.07/2021
2021 Limited Release Vol. 4 – Military Fatigues & Utility Clothes Remixed

 

日頃のご愛顧ありがとうございます。

2021 Limited Release Vol. 4 – Military Fatigues & Utility Clothes Remixed

12月17日(金)より全国のpost overalls 取扱店、直営店、オンラインストアにて

発売致します。

 

 

 


2021 Limited Release Vol. 4 – Military Fatigues & Utility Clothes Remixed

Fatigues(ファティーグス)及びUtility Clothes(ユーティリティ・クローズ)=軍用語で いう作業着=は、米軍が兵士に支給するワーク・ウエアです。日々のデューティ(訓練や雑 役)、時に戦闘にも使われるそれらは、⺠間の作業着と比べると開発された時代のトレンド を取り入れることも多く、時代性を反映したムードを持っています。それ故、ファティーグ スやユーティリティ・クローズ(以下F&U)は、それぞれの時代の最も進歩的でスタイリ ッシュな作業着と言え、各戦後にそれらを模した作業着が⺠間メーカーによって販売され ていた、という事実がそれを物語っています。しかしそのような性質ゆえ、流行の年周りに よって良く映る時とそうでない時の差が大きく、トレンディな反面、流行の変化に対する耐 久性が弱いのもF&Uの特徴とも言えるでしょう。Post O`Allsでは、創立当初からライン ナップの中にアーミー、ネービー、マリーン、エアフォースなどの、様々な年代の様々なス タイルのF&Uをミックスしてきましたが、チョイスする基準は “Post O`Allsのスタイル に合い、永遠を感じさせるデザイン” というものでした。Post O`Allsでは、そんな微妙な 魅力を持つアイテムたちを、ここにきて再び編集してみたい気持ちになりました。WWI頃 の“幻”の、U.S. ARMYのブラックサテンの3ポケット・カバーオール・・・WW IIのUSN のファティーグ・ジャケット・・・WW IIのU.S. ARMYのファティーグ・パンツ・・・今 回は、これらのアイテムをコットンサテンとコットン・ヘリンボーンの2素材で表現してみ ました。セットアップで、またミックス&マッチすることによってコーディネートをさらに 楽しくする同素材で作られたスカーフ、エプロン、キャップなどの小物も同時にリリースしています。


 

#1106 3 Pocket Jacket

このユーティリティ・ジャケットのオリジナル・サンプルに関しての正式な資料は今のとこ ろ無く、詳細に関してもほぼ不明ですが、デザインのベースとなっているのは、デザイナー の大淵が1980年代に見た、ブラックのコットンサテン製でU.S. ARMYの浮き彫りのドー ナツボタンが付いた1910~20年代頃の3ポケットのカバーオール・ジャケットになります。 3ポケットとは言っても、その後のUSMCのデニムやWWII期のUSMC/USNのHBT の3ポケットのカバーオール型のユーティリティ・ジャケットなどとは異なり、胸ポケット は懐中時計用の変形5角形ポケットが付くものになります。タイミング的には第一次大戦 前後のもので、カバーオール・ジャケットの他には、同素材で同様なポケットデザインとボ タンの付くオールインワン(つなぎ)を見たことがあります。しかし、それ以来ブラックサ テンのU.S. ARMYものは見たことがなく、個人的に親しいコレクターや古着ディーラーで も知っている人はいない、まさに“幻のブラック・サテン”と言えるものになります。ジャケ ットのデザインや縫製仕様などは、昨年久々に復刻された#1106 3 Pocket Jacketと同様で ある為、今回の企画では#1106に内ポケットを付けたものをリリースしています。今思えば #1106をデザインしていた1990年代当時、3ポケットのブラックサテンのUS ARMYのカ バーオールのことがデザイナーの頭の中に少なからずあったとも思われます。#1106の持 つ、ヨーロッパのルーツやテイストを踏襲しつつも力強いアメリカン・ワークウエア・デザ インの基礎を築いていった、1910~20年代のアメリカン・ワークウエア黎明期のフレーバ ーは、ここに来てさらに魅力を増しています。


 

#3108 WALKABOUT 3
2000年頃にデビューした、Post O`Allsでは比較的初期のモデルである、WALKABOUT(ウ ォークアバウト)のモチーフとなっているのが、最近まであまり知られていなかった、WW II期のUSNのファティーグ・ジャケットでした。類似したデザインでより有名なU.S. ARMYものと比べると低い胸ポケットの配置、ARMYものに付いている、街で着るには不 都合なウインドフラップも無く、ミリタリーものらしくないリラックスしたムードを醸し 出しています。デザインされた当時のトレンドであった、Aラインを持つ深めの前合わせ や、大きめのラペルのようなフロントボタンの配置、バックヨーク両サイドに付く深いアク ションプリーツ・・・などのディテールが、時に必要以上の存在感/時代感を演出する為、 Post O`AllsのWALKABOUTではそういった各ポイントをニュートラルに補正したもの をリリースしていました。しかし、昨今のモデルの認知度のアップに伴い人気も上昇、その 結果オリジナルバージョンが魅力的に映る年周りに入っている為、USNのモデルを初めて オリジナル通りに復刻してみました。今回のリミテッド・リリースでは、デザイナーの大淵 が⻑年着ているお気に入りの個体をベースにして、WALKABOUT 3というモデル名でリリ ースしています。


 

#3308 E-Z WALKABOUT Pants
Post O`Allsでは、1990年代から2000年代にかけて、ありとあらゆるファティーグ/ユーテ ィリティ・パンツをリリースしていました・・・1910~1940年代のデニムのユーティリティ・ パンツのバリエーション・・・1930~60年代のチノ・パンツのバリエーション・・・ベトナ ム期のジャングルファティーグやタイガーストライプのバリエーション・・・エアフォース のメカニック・パンツやWW IIのエアボーン・パンツ・・・BDUパンツ・・・ベーカーパン ツ・・・などなど。しかし、今まで一度もリリースされず、かつデザイナーの大淵が個人的 に⻑年気になっているファティーグ・パンツがあり・・・それは、前後のポケットが無く、 サイドにマチ付きのカーゴポケットのみが付く、WW IIのU.S. ARMYのカーゴ・パンツ・・・ が、ついに2022 S/Sにリリースされることになりました。⻑年リリースを控えていた理由で ある、ジャストサイズで着用すると腰回りがタイトでフェミニンに映る・・・という欠点を、 エラスティック・ウエスト、バックプリーツ+バックベルト、裾のドローコードなどで全体 のシルエットを補正、さらにカーゴポケットはWALKABOUT 4のものを共用することに って統一感のあるデザインが実現しました。`22 S/Sリリースのモデルですが、今回のスポ ットでのフライング・リリースとなります。
以下、`22S/Sの展示会概要になります:

WALKABOUTでお馴染みの、USNファティーグジャケットのマチ付きポケットを両サイ ドに装備した、新型イージーパンツの登場です。WW2のUSアーミーのカーゴパンツのよう なムード+イージーなウエスト&フィット+バックプリーツ+バックベルト、のクロスオ ーバーなフュージョンが新鮮です。ハードになりすぎない、ライトで大人な仕上がりのイ ジー・カーゴパンツです。


 

#3906 E-Z Scalf 今回のリミテッド・リリースに合わせ、マッチング素材のE-Zスカーフを用意しました。 アウターと同色同素材での合わせはもちろん、ミックス&マッチさせても楽しめる設定と なっています。


 

#3801 POST Apron #1
2022 S/SのモデルであるPOSTエプロン#1が、今回のスポットでのフライング・リリース となりました。今回のリミテッド・リリースの展開素材でのリリースとなります。 以下、`22 S/Sの展示会概要になります。

今までありそうでなかった、Post O`Allsのエプロンシリーズの登場です。日常のコーディ ネートに使えば適度なアクセントになり、本来の用途では有効なデザインとなっています。 #1は胸当て+セパレートタイプのレッグが付いた仕様で、ヘビーデューティなムードを持 っています。パンツと同素材で着用するとオーバーオールを着ているようにも見えるので、 オーバーオールは着たくないけれど、“オーバーオールのムード”が欲しい時にも有効です。


 

#3802 POST Apron #2
2022 S/SのモデルであるPOSTエプロン#2が、今回のスポットでのフライング・リリース となりました。今回のリミテッド・リリースの展開素材でのリリースとなります。 以下、`22 S/Sの展示会概要になります。

今までありそうでなかった、Post O`Allsのエプロンシリーズの登場です。日常のコーディ ネートに使えば適度なアクセントになり、本来の用途では有効なデザインとなっています。 #2は胸当て付きの、もっともエプロンらしい仕様になります。パンツと同素材で着用すると オーバーオールを着ているようにも見えるので、オーバーオールは着たくないけれど、“オ ーバーオールのムード”が欲しい時にも有効です。


 

#3904 POST Sailor Hat

今回のリミテッド・リリースに合わせ、マッチング素材のPOSTセーラーハットを用意し ました。セットアップでの合わせはもちろん、ミックス&マッチさせても楽しめる設定とな っています。


 

#3903 POST Ball Cap

今回のリミテッド・リリースに合わせ、マッチング素材のPOSTボールキャップを用意し ました。セットアップでの合わせはもちろん、 ミックス&マッチさせても楽しめる設定となっています。


 

More