Sep.10/2012
WRANGLER


ラングラー(カタカナで書くとなんかピンと来ないです・・・。アメリカ長過ぎ?)のGジャンはけっこう昔から好きで、LEVI’SやLEEとはまた違った個性があり、いい感じです。考えてみればこれらBIG3の製品はそれぞれ個性がありますよね。今の世の中であれば、みな似たようなデザインに落ち着きそうな気がします。

個人的にはフロントに2プリーツ入った1stモデルから、1プリーツになってフロントにジッパーを使用した2NDモデルもいいし、また60年代~70年代物もそれぞれすべて好きです。ただ、似合うかどうかという問題および、今着ると微妙な感じのものも多いので、手元に残っていてかつ自分が着そうなものはこの一枚になります。2NDモデルのブラックサテンですね。

この一枚が好きな理由として、Gジャンと作業ジャンパーの中間的な、ちょっとオヤジ臭くダサい印象でしょうかね。もともとWRANGLERのGジャンは、よくトラッカー(トラック運転手)ジャケットとも呼ばれているLEVI’Sの3RDモデルよりも僕的にはさらにトラッカーが多く着ているイメージで、なぜか60年代終わり~70年代初め頃の黒人トラッカーがブルーデニムの物をナマの状態+スラックスに合わせて着ているイメージがありますね。

さらに気に入っている理由として、2NDモデルでもなぜかこのブラックサテンのものはバックのウエスト部のエラスティック=ゴムバンドの絞りがなく、とても着易いこと。もちろんウエストバンドのアジャストベルト&ボタンもまだ付いていません。私的にはあのエラスティックがどうも苦手なので、これは嬉しい限りです。着丈の具合もちょうどよく、またステッチも同色なので落ち着いた印象。これがGジャンというよりもどことなく”ジャンパー”っぽい印象を強めているのかもしれません。

Gジャンはここのところ毎年気にはなっていて、着ようと思いつつシーズンになると何種類かクローゼットの手前に出しておくんですが、でも実際に着るのはなぜか数えるほど。今年の秋冬は、どんな感じでしょうか?とりあえず今年もまた手前に出しておきました。
(オオフチ)