Apr.21/2014
BLACKBEAR〜

閃きました…手に入れてから数日して、いきなり。

今回の帰国で手に入れたWロガージャケットの事です。最初見た時、どこかで見たことがあるディテール、デザインのような気が…でもそれが何なのかは思い出せず…心の片隅に引っかかっていました。なので部屋の中で着たり、脱いだり…そして閃きました。そのココロは…

バックには、なぜか真ん中にシームがある。そしてWになったケープ部分にも…。普通に考えれば、ロガージャケットの場合、わざわざセンターにシームを入れる必要は無い。あるとすればデザイン上の理由か、もしくは生地を目一杯節約する場合、もしくは…何かのパターン(型紙)を流用する時くらい…。

何かのパターン流用?このクセの強いカーブを持ったラグランスリーブは…そう、ビンテージ・シアトルロガー御用達のローカルブランド、BLACKBEARのものに酷似しているんです。


さらに見ていくと、接近した第一ボタンと第二ボタンのディテール具合、また特徴のあるカーブした襟と台襟も似ている…フロントの具合やスクエアカットの裾の具合も…う〜む、間違いない。




と、私的にはBLACKBEARが作ったWロガージャケットということで説明が付きました。あとは、当時のカタログや着用写真などを見つけてそれを証明していく感じでしょうか…なんか、考古学者のようですね。誰か、何か知っている人が居たら教えてください!

ともあれ、BLACKBEAR譲り?のクセ有りパターン=私の肩線とは相性極悪。故に、家の中だけでなく、そのうち外出時にも着れることを夢見ています…が、まだもう少し時間が掛かりそうですね。
(オオフチ)

P.S. 以前作ったチェンジボタンが出てきました。今から15年くらい前?のもの。