May.19/2014

気が付けば、じわじわと…昔の感じに呼ばれています。昔というのは、まだ私が日本に住んでいた20代始めの頃…1982年頃〜数年間くらいの感じですかね…。

インディゴの501。紙パッチのXXのデッドストックがまだ3万円台とかでした…写真のような、ただのビッグEはオールドって呼んでましたよね。これに 裾出しTシャツ+スウェット、デッドのチャックテーラーやジャックパーセル…。リーバイスのGパンは、気が付けばすべて処分していました…写真のものは、数年前にふらっと手に入れたもの。


スカジャンは、大好きでした。第一次サーファー世代の先輩が、ビンテージのいい感じでテレテレのを、さらさらの髪+腰履きのXXや646で合わせてるのを見て…ヤラレました。その頃、 現役でスカジャンを着てるのはポマードを塗った50s関係者か、映画の中で見るチンピラくらいだったので、衝撃的というか…。あの独特な着心地は忘れられませんね…。

Gジャンもよく着ていました。でも気が付けば、登板回数が減りましたね… 。ピケとかサテンのも好きでしたが、若い頃のように厚手なものをレイヤーする元気が無くなってきたせいか、インナーに着ることもあまり無くなりましたね…。でも着たい気持ちはあるので、部屋とかそこら辺ではよく着ています。

フライトジャケットも先輩たちの影響でビンテージのA-2 やMA-1、L2-B… 。ブルー系は当時からレアで、L2-Aなんか着てたらスターですね…。まだレプリカブランドはなくて、その後、街ではアルファのMA-1とかDCブランドのパッチ付きのフライトジャケットやスタジャンとかが大流行してました。


CWUも、DJの先輩が着てるのを見て…先輩のは、ヘロヘロに着込まれていい感じでした。そういえば当時、これに蛍光テープがおしゃれな感じに付いたヤツとか、軍でシェルをMA-1のナイロン地でカバーしたモディファイものとか持ってる友人がいましたね…う〜ん、今あったら欲しい…。

あとよく着てたのは、3面ジャンパー。コットン、スエードが多かったですね…当時は、競馬場とかにいる赤ペンを耳に差したような方達くらいしか着てませんでした…。あと、ジッパーのデッキジャケットも欲しかったですね…たしか当時はカメラマンジャケットって呼んでました…。

ワーク系だと、TUF-NUTやBIG SMITHとかの、ショート丈のカバーオールを着てましたね…。う〜む、だんだん思い出してきました…まだ ワークウエアにハマる前、SUPER PAYDAYに出会う前の話しなんですね…。

と、ただ懐かしいだけじゃないような気がしている、今日この頃です。
(オオフチ)

P.S.

気を許すと、ヘンな物が集まってきます…デニムxナイロンのハンティング?70s?

Kマート…。

…マジですよ…。