Sep.05/2016
1930s HERCULES denim chore jacket

こちらに戻ってきてから、 ドライな気候のせいか?ビンテージな気分です・・・これは最近よく着る一枚、 1930年代初頭のHERCULESです。

4つポケットでフラップ付き+チンストと、フル装備の割にはしつこくない印象。この年代らしく胸ポケットは低めにセットされています。袖の色落ちがハードな労働を連想させますね。

襟はさっぱりとコバステッチ・・・なにげに意外ですよね。

このモデルくらいから胸ポケットにラベルがつき始めますね。

胸ポケットの下半分にも補強が入るのは、HERCULESくらいでしょうか・・・おっとBLACKBEAR?・・・あれは見せかけのステッチでしたっけ。

当然のように下ポケットも見せかけでなく、裏から補強が入ります。

カフスはこのモデルから裏側から付けられるようになります。これ以前は、エンジニア・カフスの様に表側に縫われていました。

ごくプレーンなバック・・・

よく見ると、下に着ていたオーバーオールのサスペンダーのかたちに色落ちしているのがわかります。
(オオフチ)