Jun.05/2017
Enter The Post O’Alls (2)

前回は、Post O’Allsの考える黒髪と相性の良い色について書いてみましたが、 その延長上のアイデアは他にもあったりします。

例えばPost O’Allsのシャツのフロントボタンの数は通常のビンテージや現行のシャツよりも1〜2個少ないんですね。それは、体格の良いアメリカ人ではない人が着ても全体にすっきりと見えるようにというアイデアの為。

また、シャツの袖口のプラケットの長さが短めで、かつボタンを付けないのは、腕が長くない人が着た場合でもそれ以上に短く見えない為の配慮なんですね。

他に、人種や髪の色などに関係ないPost O’Alls独自のアイデアというのもあり・・・例えば何年か前までうちの製品に付くタグやウエッブサイトで謳っていた、3つの特徴というのがあります。

1)良い縫製仕様

2)長持ちするデザイン

3)深い味わい

1)は、単にどこどこのミシンを使って丁寧に作られている、というような意味ではなく、その製品のデザインに合った、私が考える理想の縫製仕様の組み合わせで作られているという事。それはPost O’Allsでは縫製仕様の組み合わせがすなわちデザインの一部だから。組み合わせ次第で、同じデザイン/パターンでも全く違った印象を作る事が出来るんですね・・・。

2)は、作られてから時間が経っても着る事が出来るデザインという事。デザインやディテールが受動的=マーケティング的に流行りっぽかったり、不良なものであったり、誰かの真似っ子だったりする服は着る人の印象までその様なものに見えてしまうと考え、仮にその服が良い生地や縫製で作られその時に良く見えても、うちではそういった服には興味が無いんですね。

3)は、飽きることなく着るためには重要な要素だと考えています。これは単に着込んだ時に味が出るという事だけではなくて、デザインやパターン、アイデアなど、着ていくほどに何か新しい発見があったり・・・うまく言え/言いませんが、私にとってはとても大事なポイントなんですね。

と、 まだまだありますが・・・とりあえずはこの辺で。
(オオフチ)