Jul.31/2017
S/S ’18 Japan Show

日本の展示会も、無事終了しました!











皆様、ありがとうございました!

以下は今回の概要になります。

“2018年春夏のPost O’Allsは、従来通り過去〜現在〜未来を意識した構成は変わりませんが、ここにきてここ数年の進化の結果が明確になってきたような気がしています。Post O’Alls の様々なモデルはその時々で感じる方向へと変化していきましたが、気がつけばオリジナルとは印象が変わっていた・・・そんなモデルも多いですが、 今回は全体に通常よりも一段抜けた感じとなっております。

ネービー、ブラックなどのダークなカラーウエイの中に、必要に応じて軽くポイントカラーを添える・・・という設定は変わりませんが、今回も和柄、バティックその他のPost O’Allsらしいエクレクティック(=折衷的)なテクスチャーは健在です。定番的なポイントカラーとしてのセージ/オリーブ系に加え、今回は久々にパティ(ユーロ寄りなオリーブ)や和服のようなブラウン、グレーなども加えて表現の幅を広げています。

今回のシャツ群は、特にS/Sはショーツとセットアップで、またL/Sシャツはアウター代わりとして着やすいような設定となっており、それはPost O’Allsが再びシャツに新鮮さを感じている状況を表わしています。“

次回は引き続き、モデルの紹介をしたいと思います。
(オオフチ)