Feb.01/2009
帰国

もうすぐ久々の日本です。タイミングを逃したまま気がつけば去年の6月以来なので、多少緊張感があります。知らない間にけっこう様子が変わっていたら、なんて。

服の話で言えば、大抵は一週間ちょっとの滞在なので着替えの量もたかが知れていますが、それでも持っていった服で着ない物も多かったりするんですよね。

ある程度気候やシチュエーションを想定して、これも着るだろうしあれも着る? とか思って持っていっても全然着なかったり。ならばと、こっちでいつも着ているものをそのまま持っていっても結果は同じ。結局、いくつかの服はただ運搬するだけに終わります。

この、無駄といえる部分を省きたい、と荷物を詰めるときに思い出してかれこれ20年近くが経ちますね。

でもあるとき気付いたのが、それは難しいのでは? ということ。というのも、成田に着いてすぐに自分自身のモードが変わるんですよね。その地の空気に触れてというか……。

そして実家に着くころにはすでに日本のモードになりかかっています。着てきた服が快適に感じられなくなってきたりすることもあったりして、なにか不思議な感覚ですね。

世界中を常時飛び回っているような人にはそのような無駄は無いんでしょうか? 聞いてみたいもんです。(オオフチ)