May.04/2009
MEN AT WORK

ワーク系写真集の定番のひとつ、『MEN AT WORK』は1930年代初め頃の農業以外のワーカーであるエンジニア、炭鉱夫、機関士、建築工などの写真が集められています。

最初にこの本を見たのは1980年代初頭、都内の洋書屋で見つけてブッ飛びました。


Ph☆

それまでにも『WALKER EVANS』や『DOROTHEA LANGE』、その他の大恐慌時代の写真集などを漁ったりしていましたが、都会のワーカー写真の多いこの写真集はまた一味違ったテイストです。


Ph★

EMPIRE STATEビルディング建造中のワーカー写真集(Ph☆)でも有名なこの写真家による、EMPIRE~の写真の一部プラスアルファで構成されているのが『MEN AT WORK』で、確か昔日本で手に入れたものは表紙写真が(Ph★)でした。

当時はワーカー達が着ているものやその着方ばかりに目がいっていましたが、こうして今見てみるとまた趣が深い。時代の空気が伝わってきます。

10代から20代の初め頃は40s~70sの古着をよく着ていましたが、ある時から戦前物に目が行くようになり、そうなるともうヤラレますよね。デザイン、ディテール、つくり、すべてのオーラが違います。

でも結局、それぞれの年代にはそれぞれの良さがあり、それぞれの年代で人は楽しく生きているんだと思いますよ。(オオフチ)