Aug.05/2009
シャンブレーシャツ


BIGSMITH、50s~60s

シャンブレーシャツとの出会いは意外に遅く、確か10代の終わり頃に衝動的に綿ポリ/オープンカラーのものをデッドストックで手に入れたのが最初(?)だったと思う。

スペックだけ聞くと70sのSEA-FARERや同時期のU.S.NAVYものなどのイメージだけど、実際は今でもワークウエア屋にあるようなユニフォーム系寄りのデザイン。

でも見方を変えれば50sのレーヨンギャバのシャツを70sの綿ポリのシャンブレーでつくったといえなくもない。左右に付くポケットはフラップなし+ボタン、襟にはステッチが入っていなかった記憶があります。ブランド名は忘れました。

その後シャンブレーにはまり、軍物から民間もの、古いもの~新品までといろいろ着てみましたが、今でもいちばんよく着るのが最初に手に入れたようなタイプなんですね。まあ、自分の場合は首が太いので台襟があるものよりオープンカラーのほうが着やすい、という個人的な理由があったりするんですが。


BIGSMITH、60s~70s

そんな、他人から見ればどうでもいいようなものにもそれなりに小さなこだわりがあって、ここしばらくは+シャツテール(ラウンド)のものに惹かれています。これまたどうでもいいような話で恐縮ですが……。

そして課題というかターゲットまであったりして、

1)実際に見たことがあるけど思い出せない 
2)もしくはこんなのがあったら欲しいと思っている 
3)夢で見た?? 
4)神様(仏様?)がつくれと命じている

と理由はわからずもさりげなく欲しいのが、このタイプでフロントがボタンでなくユニフォームなどに使われるタイプのドーナツ型のスナップになっているもの。スナップの色が色々あったりして。

でも、実際に着てみたらなんとなく飽きそう? いや、そうでもない?(オオフチ)


KEY Imperial、70s~80s

P.S. 夏も佳境ですが、今夜は気持ちのよい風が吹いたのでネルシャツを着てみました。パンツはベタシャンで……。