Dec.08/2022
気が付けば・・・I didn’t realize…but…

 

このNAVY-BLU-Rも、数ヶ月着たら放置・・・

I haven’ t touch this NAVY-BLU-R after worn a couple of months…

別に、取り立てて不満があるわけでもなく・・・

I had ( almost ) no complaints…

でも、実際にある程度着たからわかったことがあり・・・

Yet there are some inputs I actually learned from wearing…

それがわかったら、次の服のテスト・・・

Once I found them out ( if any )…I have to move on to the next garment for another test drive…

着て生活しないとわからない・・・

You never know unless you wear and live…

どこで、どんなシチュエーションで着るか・・・

At where…what kind of situation…

そんなことが、重要だったりします・・・

Those kind of things matter…

次回生産するときに反映したいポイントを見つけることも私の仕事・・・

Finding some points to improve or adjust for next production is my essential…

でも、だから一枚の服を長く着ることが出来ず・・・

So that it is impossible to wear one garment for long time…

ちょっと不満なんです・・・

I’ve been frustrated for that…

そんなことの繰り返しで、気が付けば約30年・・・

Doing this for almost 30 years…I didn’t realize…(オオフチ / Takeshi )

Dec.01/2022
French Work・・・

 

最近は、モヤモヤ・・・

I’ve been into…

正直、そんなに興味はありませんでした・・・

something I didn’t careless…

でも出会いはけっこう前で・・・

although I came across them long time ago…

Post O’Allsが、1993年1月にラスベガスのMAGICという合同展示会でデビューした時・・・

I was at MAGIC in Las Vegas for Post O’Alls’ first show in January 1993…

当時パリの名店エミスフェールのバイヤーで、現アナトミカのP氏とワークウェアの話をしていて、彼にフランスの古いブラック・リネンのワークウェアのカッコよさを教えてもらい・・・

Mr.P from Hemisphere Paris taught me how cool vintage French workwear are…especially black linen stuff…

その後パリに行って、彼の店でブラック・モールスキンのWブレストのジャケットを見立ててもらって・・・

I went to his new store in Paris later…then I bought a black moleskin jacket he recommended…

それからちょっとして、戦前のブラック・モールスキンのフレンチ・ワークジャケットを手に入れ・・・

after a while, I found a nice pre-war French black moleskin work jacket…

でも、そこまで・・・それ以上深くハマることは、ありませんでした・・・

but, that’s it…

が、ここに来て・・・

yet these days…

今思えば、なんとなく予兆のようなものはあったのですが・・・

maybe there was a kind of sign

私的/ブランド的にブームが続くフレンチ・チャイナとの相性が良いから?・・・

maybe it’s because they go well with our POST Chinois?…

もしくはアメリカン・ワークにフレンチ・フレーバーを注入して、リフレッシュ?・・・

or maybe feeling a need to inject some fresh air into our American workwear world?…

何しろ・・・なぜか、気分が向いています・・・

anyway…I feel so…(オオフチ / Takeshi)

Nov.25/2022
最近は・・・(2) / These days…(2)

 

いまだ、’23 FWサンプルの準備中です・・・

Still workin’ on ‘23FW samples…

なんだかんだと・・・

whatever I do…

いつも、新しいことやっているような気で・・・

thinking I am always trying something new…

人が見れば、似たようなことを繰り返しています(笑)・・・

yet looks almost same to other people…

私の場合・・・

in my case…

30年近く、そんな感じです・・・

doing like this for almost 30 years…

でも、気がつけば・・・

but sometimes realize…

以前とは、多少違うところにいたりします・・・

where I am is a little different from before…

でも、大局的に見ると・・・

but in short…

ほぼ、同じ(笑)・・・

almost the same…

人生の日々が、そのようであるように(笑)・・・

like everybody’s everyday…

(オオフチ / Takeshi )

Nov.19/2022
Indigo ~ Navy ~ Black

 

Post O`Allsでは、かつてブラックとネービーを同居させることをテーマとしていた時期がありました・・・

Once, we used to have a practice to go black and navy together…

この2色・・・もともと、一般的にはあまり合わせない?・・・

Generally, they consider these don’t go together?…

一見、相反するような気も?・・・

Looks like  “N” & “S” on magnets…

でも、そうでもない?・・・

But, maybe not really so?…

あるとき、この生地の切れ端をある先輩から頂いて・・・

My mentor once gave this piece of fabric to me…

目から、ウロコ・・・

It really opened my eyes…

墨黒から、ネービー・・・

Charcoal into Navy…

ネービーから、インディゴ・・・

Navy into Indigo…

インディゴから、グレー・・・そして、白へとブレンドしていきます・・・

Indigo into Grey…then, finally into White…

これらは、すべて階調なんだな、と・・・

They are all connected tones…

正直、今でもよくわからないのですが(笑)・・・

Well, I still don’t know well enough yet…(オオフチ / Takeshi)

Nov.18/2022
最近は・・・・( These days…)

 

2023FWの展示会の準備です・・・

we’ve been preparing for 2023FW show…

2023FWで、Post O`Allsはちょうど30周年・・・

counting 30 year anniversary on 2023 FW season…

それなりに感慨はありますが・・・

such a long time…

思い入れは、特にないな(笑)、と・・・

but a short time…

今までが、そうだったように・・・

as it has been before…

これからも、そう・・・

it will be such…

着たいか、どうか・・・

would like to wear or not…

永遠が見えるか、どうか・・・

feel eternity or not…

相変わらず、そんなムードなんです・・・

it’s still like that…

みなさま、日頃のご愛顧、ありがとうございます!

Thank you so much, everyone!( オオフチ / Takeshi )

Nov.12/2022
The Future is in the Past

 

NIGOさんの、”未来は過去にある”というexhibitionに行ってきました・・・

went to NIGO’s The Future is in the Past exhibition…

人が何かを集めていて、その中に共感できる何かがあると気持ちが安らぎますよね・・・

I feel relieved or relaxed especially when I found my kind of elements in somebody’s collection…

楽しかったです!

I really enjoyed it! (オオフチ / Takeshi)

Nov.09/2022
Mystery ? …

 

WICKEDさんで、謎の?古着を手に入れました・・・

picked up a mystery piece at WICKED

見たところ、手作り?・・・

looks like handmade?…

いつ頃のもの?・・・

how old?…

誰がどこで作ったのか?・・・

by who and in where?…

どのような状況下?・・・で作ったのか・・・

under what circumstance?…

全てが、謎・・・

everything is in total mystery…

わかっているのは・・・

all I can tell is…

古い生地を使っていること・・・

using some old fabrics…

伝統的な中国服のパターンに倣っていること・・・

followed typical traditional Chinese practice…

アメリカで買い付けられたこと・・・

owner of WICKED found this piece in the United States…

そのくらいなんです・・・

That’s about it…

 

今までは、キルトなどのフォークアート系以外で手作りのものに惹かれることはあまりなかったのですが・・・

I basically never attracted to handmade stuff besides American quilt or Folk Arts before…

 

心境の変化?でしょうか(笑)・・・

any change in my taste happening?…(オオフチ / Takeshi)

Oct.29/2022
Vintage French Blues…

 

ビンテージな、フレンチ・ブルー・・・

Vintage French blue…

ビンテージな、フレンチ・チャイナ・ブルー・・・

and, vintage French – China blue…

私が日本人だからでしょうか・・・アメリカのデニムも含め、フレンチ・ブルー〜フレンチチャイナ・ブルーの方が、和の藍染めものよりもファッション的には惹かれます(笑)・・・

Maybe because I’m Japanese…I prefer American denims and French ~ French China blues to Japanese Indigo stuff… in terms of fashion…(オオフチ)

Oct.25/2022
Vintage Lighter Tee (2017)…

 

2017年春夏シーズンにリリースされた、”ビンテージ・ライターT”・・・

Series of “Vintage Lighter Tee”s were released on 2017S/S season…

私の好きな、ビンテージ・ライターのグラフィックがフィーチャーされています・・・

Featuring photos of my favorite vintage lighter graphics…

私は、一時期ビンテージ・ライターの沼にハマっていて・・・

There was a time I was deep into hunting vintage lighters…

このTシャツは、そんな思い出を喚起させてくれるアイテムなんです・・・

These Tees reminds me of those times…

私の好きだった ”アメリカ” が凝縮されています・・・

These are the concentrates of my favorite kind of  “America” …

今見ても、かわいい・・・

They still look pretty…

どこか、ワークウエアと同じような魅力があるような気がします・・・

Has a certain charm … seems somewhat common to workwear…(オオフチ / Takeshi)

Oct.22/2022
Ringer, Raglan…and Printed…

 

頭の中で、シンクロしました・・・

Some bell rang in my head…

この、CLASSICSというバーのTシャツ・・・

This T-shirt from Bar CLASSICS

リンガーでラグラン・・・胸にロゴのプリント入り・・・

It’s a ringer T with raglan sleeves…has a logo printed on chest…

と、これ・・・

…and, this guy’s T-shirt…

映画、「タクシー・ドライバー」の1シーン・・・トラビスが街のデリで黒人の強盗を撃った後のシーン・・・

from a movie “Taxi Driver”…after Travis shot a black robbery guy with a gun at neighborhood Deli…

ま、何かの偶然でした・・・

Just a coincidence…

(オオフチ)

Oct.19/2022
#1101 No.1 / Railroaders’ Jacket

 

何を隠そう(笑)・・・

I`m revealing…

ブランド設立30周年となる来年の秋、2023FWシーズンにはうちの最初のカバーオール品番である、#1101 No.1 / Railroader’s Jacketをリイシュー(復刻)する予定です・・・

that we are going to reissue our very 1st jacket …#1101 No.1 / Railroader’s Jacket on 2023 FW season (our 30th anniversary season) …

#1101は、3ポケットのカバーオールの頂点となるべくデザインされており・・・

#1101 was designed to be zenith of 3 pocket railroad jackets…

Post O`Allsの他のモデル同様に、性格がきちんと設定されていました・・・

As per other Post O`Alls models, it has its own character…

でも、発売当初からここがもう少しどうにかなれば、とか・・・

But…there are some points that I was not 100 % satisfied…

要は、自分の実力不足なのですが・・・

In short, I was not good enough…

クリアしたい・・・というポイントが当時からあり・・・

to achieve what I wanted it to be…

そんな、実際にカタチにすることが難しかった点を、今回は修正してみたいと思っています・・・

But, I think I can do it now…

そんな時に、30年の蓄積を感じます・・・

after doing this for almost 30 years…

この様なことが、何よりも嬉しかったりする今日この頃です(笑)・・・

I am sort of impressed!(オオフチ / Takeshi)

Oct.15/2022
Crinkle Nylon Taffeta…

 

今年も、綿入り物のシーズンがやってきました・・・

Season of  “insulated stuff” has just begun…

うちでももう、随分と長いことやっていますが・・・

We’ve been making them for quit a lo~ng time…

中綿は、キルティングの時もあり・・・

We used to stitch them down (a.k.a. quilting)  …

ここしばらくは、シンプルにステッチ・ダウンしない方法で・・・

But we haven’t for a while…for plainer look…

中綿の種類も、ポリフィル・・・シンサレート・・・プリマ・ロフト・・・ポーラー・テックなどなど・・・

Insulation could be Polyfill…Thinsulate…Prima Loft…Polar Tech…etc…

Post O’Allsでは、それらのラベルを付けないので、種類が良く分からなくて申し訳ございません・・・が、いずれにせよ高性能なポリ系のインシュレーションが入っています・・・

We basically don’t sew their own labels…sorry, you don’t know what’s actually inside…but it’s a high performance poly insulation anyway…

表の素材も、コットンのシャツ地やキャリコ・・・デニム ・・・ナイロン/ポリ・タフタ・・・玉虫調生地・・・ツイードなどのウール・・・などなど・・・

We have used various fabrics for the shell…cotton shirting…cotton calico…blue denim…poly/nylon taffeta…iridescent something…woolen like tweeds, etc…

思えば、考えうるあらゆる素材を使ってきましたね・・・

Almost everything you could imagine…

で、2022FWは、クリンクル・ナイロン・タフタ!・・・なかなかに、強力ですよ!・・・

Then, here we have Crinkle Nylon Taffeta for 2022FW season…they are massively good!…

中綿入りの常で、洗い込むほどふっくらと味わいを増していくのも楽しめます!

You can enjoy aging process as you wear & wash…they even get puffier!

(オオフチ)

Oct.13/2022
go NAVY 〜 真髄・・・

 

ちょっと前に、ナカムラシューズ さんのインスタグラムで使って頂いたこの写真・・・

This photo…is from NAKAMURA Shoes’ INSTAGRAM

で、私が着ているのが・・・NAVY BLU-Rのインスピレーションにもなっている、ご存知U.S. NAVYのダンガリー・・・

I was wearing a now-famous U.S.NAVY dungaree …which is a main inspiration of our NAVY BLU-R

この一枚は、このモデルを40年くらい着続け/見続けている私から見ると、かなり好みな個体…言い換えれば、Post O’Allsっぽいバリエーションなんですね・・・

This very one is my favorite variation…I’ve been into / wearing USN dungarees for 40 years…in the other word, this variation is very Post O`Alls…

まずは、袖の生地が横取り・・・

First, sleeve fabric is horizontally grained…

で、ポケットの生地も横取り・・・

Then, so are the pockets…

このように横取りが2つ揃う個体はなかなか無く・・・また、ボディが横取りになっている個体もありますが、個人的にはこの様に縦と横が混じったタイプがデザイン的にグッときます・・・また、サイズも大きめで着丈が長めなのも、◎。

The one with those two features together are not easy to come by…and one with body fabric grained horizontally exists as well, but I personally prefer this variation in terms of design balance and mood…and I like to wear larger size with longer length like this one…

レアだから/変わっているから、良い・・・というわけではなく・・・良いから、良い・・・そして、興味の無い人にはどーでも、いい・・・で、たまたまレア・・・しかも、偶然の産物という要素も多々あったりする・・・というのが、限りなく粋(笑)・・・

Not that I prefer this one because of its rareness…I do like it because it’s good…and I like the fact it is nothing for people who don’t notice or appreciate…and these grain thing could happen by accident (manufacturer’s way of work) as well…then, it happened to be scarce…I love these factors altogether…it’s the coolest to me…

ま、こんなところが私が40年近くシビれ続けている、ワークウエアの良さの真髄なのかもしれません(笑)・・・あと、私は昔のワーカーの写真や彼らの着こなしを見るのは好きですが、彼らのように着たいとは思わない、というのもしなやかなポイント・・・着る人が着方をクリエイトできる、ということなんです・・・

These kind of things may be the reasons for that I’ve been into workwear for almost 40 years… then, another point that I like is…I love look into workers in old photos…yet the fact I’m not particularly interested in how they wear…meaning I’m free from any rule or idol…I have a liberty in  how I wear them…(オオフチ/Takeshi)

Oct.08/2022
go E-Z(イージー)…

 

最近はやっと涼しくなり・・・ジャージ(カットソーのE-Zシリーズ)が着れるシーズンになりました・・・

Finally cooling down in Tokyo…couldn’t wait to slip in our E-Z cut & sewn series…

帰国後すぐの2019FWから実現した、E-Zカットソーシリーズですが・・・

We started these E-Z cut & sewn series on 2019FW …right after I came back to Japan…

じわじわと・・・気がつけば、拡大〜円熟していきました・・・

They slowly evolved and expanded over the time…

個人的に、ワークウエアやアウトドアっぽいウエアには、なくてはならない合わせものとなっています!

Personally, I can’ live without them…they can round off (or mellow down) the workwear and outdoor wear ruggedness nicely…

今シーズンは、ベロアで展開・・・下品に映らないこのタイミングを待っていました!

We offer groovy velour fabric for this 2022FW season…been waited for the timing when they look not too flashy…

 

E-Z系記事その他1/E-Z related article 1

E-Z系記事その他2/E-Z related article 2

E-Z系記事その他3/E-Z related article 3

 

(オオフチ)(Takeshi)

Oct.05/2022
BEAMS+ x Post O`Alls … “CHICAGO” Jacket

 

こちらは、もうすぐリリースとなるBEAMS+ さんエクスクルーシブのジャケット・・・

名前は、”シカゴ”・・・

ネーミングの由来は、こちらのラジオで話させて頂いてますので、よろしければ聞いてみてください・・・

ともあれ、ありそうで、ない・・・

なさそうで、あった・・・

そんなムードがプンプンの、スペシャルアイテムなんです・・・が、さらにその上に一ひねり加えさせて頂きました!

 

 

ちなみに、こちらのジャケット(1)、及び(2)が、 ”シカゴ” のインスピレーションです・・・

お問い合わせは、BEAMS+さんまでよろしくお願いします!

(オオフチ)

Oct.01/2022
Post O`Alls NAKAMEGURO Open!

 

ついに、本日オープンです・・・

関係者の皆さま、ありがとうございました!

今回も、内外装は Pacific Furniture Service さんにお願いしました。

お願いしたテーマは、1940~50年代のカリフォルニア・・・

明るいデコに、インダストリアル感がミックスされたような・・・

例えて言えば、ギターで有名なカリフォルニアのFENDER社とその製品のようなイメージ・・・

石川さん、今回もイメージをバッチリ形にしていただき、ありがとうございました!(オオフチ)

Sep.28/2022
De Luxe Railroader 2 & De Luxe Railroader 2 DV ( NAKAMEGURO Shop Special )

 

 

デラックス・レイルローダー2及びDVには、中目黒店限定発売となるショップスペシャルがあるんです・・・

こちら、レギュラーモデルの襟付きはヘリンボーン・デニムのネービー・・・の、ライニング無し・・・

ネービーという色名ですが、実は縦横糸共にインディゴ色・・・つまり、Wインディゴ・・・

なので、素晴らしく濃いインディゴ・ブルーなんです・・・ちなみにバータックの色はお馴染みのティファニー・ブルー・・・

この生地、22S/Sのアイテムの一部にも使用したので、ご存知の方もいらっしゃるかと思われますが・・・めちゃくちゃ味わい深い色落ちが楽しめるんです・・・ちなみに、セットアップとなる同生地のE-Z DNDパンツも中目黒店のショップスペシャルとして用意されています・・・

そして、DVモデルにはビンテージ・モールスキンのブラック・・・こちらもライニング無し・・・

一見地味ですが・・・

いや、実際地味ですが(笑)・・・こういうのが、自分的には一番着るヤツだったりするんですね・・・

毎度分かりにくくて恐縮ですが、バータックは淡いカゲロウのようなグリーン・・・

これも、個人的にどツボな仕上がり・・・

共に10/1発売となります!(オオフチ)

Sep.24/2022
De Luxe Railroader 2 DV

 

今シーズン、デラックス・レイルローダーがバージョン2へとアップデートされました・・・

それに伴い、DVモデルも登場・・・これが、個人的には待望でした・・・

22FWシーズンは、玉虫タフタのライニング付きがデフォルト・・・チェーンステッチの下糸は、今シーズンより以前からのティファニーブルーと1993年のブランドデビュー時に使っていた淡いグリーンの2色使いになりました。

ドーナツボタンは、昨年に引き続きラッカー仕上げのブラック・・・ですが、ファスナー(日本でいうタック)はシルバー色に変更されています・・・

このポケットが変更点・・・Post O`Alls 最初のカバーオール品番である、No.1 / Railroaders’  Jacket のポケットを受け継いでいます・・・このポケットは、1910~20年代頃のCan’t Bust’Emのオーバーオールのポケットがモチーフとなっていました・・・一見マイナーに感じられるこの変更によって、新たなイメージが決定されています・・・

内ポケットが左右に装備されたのも、もう一つの変更点・・・これは、Post O`Alls・・・というか、ワークウエアの歴史でも初の試み?・・・左右の見頃の重量配分をコントロールできるので、実際すごく便利なんです・・・

胸ポケットの変更に合わせて、Vステッチの具合は微調整されました・・・写真では分かりにくいですが、この一枚はブラックデニムなのでバータック(カンドメ)の色は淡いグリーン・・・一方、ブルーデニムにはティファニーブルーが使われています。

特徴的なカフスのカーブは、そのまま・・・

かくして、新バージョンに新たな息吹が吹き込まれました・・・

 

このように、Post O`Allsの 製品は常時アップデートされていくのがブランドの伝統なんですね・・・(オオフチ)

Sep.21/2022
Post O’Alls NAKAMEGURO・・・

 

突然ですが・・・

Post O’Allsは、中目黒に新しいお店をオープンします。

オープンは、10月1日の予定です・・・

さしあたって、八幡山のお店はひとまず9月25日までの営業とさせて頂こうと思っています・・・

ご贔屓にして頂いたお客様の方々、心よりありがとうございました!

またそのうち、違ったかたちでリオープンするかも知れませんが、その節はまたよろしくお願い致します!

新しいお店の住所は目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンション105で、目黒川沿いになります・・・

みなさま、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!(オオフチ)

Sep.17/2022
Japan 〜 ?

 

30年ぶりに日本に住んで、早や4年・・・

慣れるところは慣れ・・・

慣れないところは、慣れず・・・

例えば、スープカレー(うま過ぎ!)・・・

例えば、ウォシュレットが標準装備の清潔な公衆トイレ(サイコー!)・・・

例えば、キッチンカー(アメリカではフードトラックと言います)などのヘンな和製英語・・・

例えば、インド料理という名のネパール?料理(本物のインド料理が食べたい!)・・・

どーでも良いと言えば、どーでも良いのですが・・・

そーでもない、と思えばそーでもない・・・

でも・・・それらを補って、余りある良いところもあり・・・

なんだかんだ、第二の人生を、楽しんでます(笑)!(オオフチ)

Sep.15/2022
POST 2023

 

先日、2023 S/Sの展示会が終わりました・・・

Post O`Allsは、2023 F/Wで30周年・・・

なので、2023 S/Sはその一歩手前・・・

ということは・・・

29年間の英知(笑)の結晶・・・

ま、カッコつけなくても実際そうなんです・・・

今でもカバーオール・・・

それも、デニム・・・

が、私がサイコーに興奮する服・・・

どれだけたくさんのカバーオールをデザインしてきたか・・・

どれだけたくさんのカバーオールを着てきたか・・・

カバーオールが私の人生なんだな、と思いました(笑)。(オオフチ)

Sep.10/2022
Another French China・・・

 

フレンチ・チャイナにはさまざまなメーカー、バリエーションがあるようで・・・この、FILOUというブランドのものもたまに見かけます・・・

着丈が長いせいか、パッと見リラックスした印象・・・

なんとなく、かわいい形の襟・・・でもこの個体がたまたま、という気もします・・・

このブランドのものは、胸ポケットの上辺が前中心に向かって斜めに下がっているせいか、フレンチ・チャイナ特有のポケット位置が高い感じはあまりしません・・・ま、実際には高いのですが(笑)・・・

この個体はさほど古くはないので、トグルも特に小さくはありません・・・が、まだ立てて手縫いでつけられています・・・フレンチ・チャイナの常ですが、このブランドのものもその後は紐の部分が平らにミシンで縫い付けられるようになります・・・

この個体はサイズが大きいせいか、下ポケットはやや上に付けられています・・・

袖口は太めで、腕を組んで袖に手を入れるのに充分な太さがあるんですね・・・袖口の三つ巻き幅は細めですが、太めのものも見た事があるので、個体差かもしれません・・・

このメーカーは左右の身頃が対称で、そのためトグルをかけたときに隙間が出来ないように右身頃の端にウインドフラップが付けられているのが特徴・・・

こんな感じで・・・

一番下のトグルの下まで延長されています・・・これはこれで機能的というか、着ているうちに身頃の端が丸まってしまうことがないので、薄手の生地には適していると思います・・・

胸ポケット同様、高い位置に付く内ポケット・・・高すぎて使いにくい(笑)・・・生地の色目は、最近のものよりは濃い感じでしょうか・・・

こんな、カバーオールに近いムードのフレンチ・チャイナも出してみたいと思っています・・・

 

 

その他のフレンチ・チャイナたちです。

フレンチ・チャイナ(1)

フレンチ・チャイナ(2)

フレンチ・チャイナ(3)

 

(オオフチ)

Sep.07/2022
after wash 〜

 

やはり、縮みました・・・

洗濯機から出してみると・・・パッと見着丈は短くなりましたが、袖の長さは十分にあるように見え・・・まずは羽織ってみましたが、袖、身幅ともにオッケー(!)・・・計測してみると、縦方向は4%くらい縮んでいましたが横方向はほとんど縮みませんでした・・・

横に縮むと着れなくなることもあるのですが、まずは着れて良かったです・・・あと何回か洗うともう少しイクかもですが、最初の一発で着れなくなるとなかなかに虚しいんですよね(笑)・・・

実は、私は縮むかどうかは生地の匂いでなんとなくわかるんです(笑)・・・でも、縮んで着れなくなるかどうかは、実際のところギャンブルなんですね・・・

前にも書いた通り、この一枚はなかなかの安物・・・生地は防縮加工の入らない薄手/安手のものを使用・・・着丈は短く、カフスの当て布もミニマル、袖も細ければ身幅も狭め・・・フロントボタンは大判ですが、5個ではなく4個・・・と、典型的なケチり具合を誇る(笑)廉価版・・・

でも、だからと言って悪いとは言えないのがカバーオールの面白いところ・・・何しろ本来は作業着ですから(笑)・・・私的な評価ポイントは、着て良いか・・・そして、味わい深いかどうか・・・私の場合、ビンテージ・ワークウエアに価値が付く以前から自分で価値を付けてきたので、珍しいとか古いとかは重要ではないんですよね・・・

この一枚は、着て・・・ま、及第点・・・着丈が短いので5ポケットとの相性は良さそう・・・味わいは、ザ・B・・・いや、C級という感じ(笑)・・・でも、コンディションはヤケやダメージが全く無い、まさにパーフェクト・・・で、生地もしなやか・・・これって意外にレアなことなんですね・・・

まあ、80年以上前の服を新品でおろして着ること自体が貴重な体験・・・なかなか出来ることではありません(笑)・・・私は、仕事柄この手の体験の蓄積が何よりも嬉しいんです・・・ダテに前職はデッドストックハンターではありません(笑)・・・

(オオフチ)

Sep.03/2022
デッド 〜

 

またまた、佳作をデッドで手に入れました・・・

サイズは、マイサイズ(のはず)の44・・・

ポケットは、最近気になっている丸ポケット系・・・

ですが、下のポケットは・・・

Leeの様に尖ったポイントが付いています・・・

ボタンは、ウマヘタな流線型の機関車が浮き彫りにされた打ち込みの大判・・・これが私的には嬉しいポイント・・・年代は、1930年代中〜後半でしょうか・・・

ブランドは、フラッシャーのみにネームが付く、いわゆる無銘・・・この年代でSanforized表記がないと、生地はおそらくチープな縮むタイプ?・・・

コーティング紙のサイズタグが台襟に付く・・・のは、ブルーベル系?・・・ともあれ、諸々の組み合わせ具合が個人的に未見な一枚・・・ですが、はっきり言ってフツーの人には何が何だかわからないと思います・・・

というか、どーでもいい?(笑)・・・

ま、何しろ紆余曲折なへそ曲がりが選んだ佳作中の佳作・・・すべてはタワゴトだと思って頂いてけっこうです(笑)・・・

バータック(カンドメ)は、褪せた感じの赤・・・この色って好きなんですよね・・・

ともあれ、この個体を見て思い出しましたが・・・この手の廉価版タイプは、一般的に生地の用尺をケチっているのでサイズが小さめ・・・

さらに、防縮加工はされていないと思われる安価なデニムを使っているので、縮みが心配・・・

 

とはいえ、私はデッドをおろすのが何よりも好き(笑)・・・なので、まずは洗ってみましょう!

(オオフチ)